子供の成長と地震対策|サカエ建設なら理想の住宅造りが叶えられる

サカエ建設なら理想の住宅造りが叶えられる

家

子供の成長と地震対策

内観

仕切りを使う方法

京都でも注文住宅は自由に自分の希望を形にできるものです。その時、今現在の希望だけでなく子供の成長に合わせたものにするのには、どんな方法があるでしょうか。年齢とともに使い方が変わってくる中で、仕切りをしていく方法があります。例えば子供が二人の場合、小さい時は、親と一緒に寝られるように部屋を広く使って、大きくなったら仕切りをつけて2つの個室にすることです。子供が大きくなり独立したら、部屋を仕切り直すこともできます。ほかの方法としては仕切らずに使わない部屋を利用することもできます。小さい時はリビングを利用して勉強したり遊んだりして、寝る時は親と同じ寝室を使います。そして大きくなり個室が必要になったら使っていない客間などを利用することです。京都で注文住宅を建てる時も設計の段階で、担当者とよく相談することが重要になってきます。

各住宅会社が採用している

注文住宅を建てる時間取りやデザイン、費用など考えることはたくさんありますが、地震対策も知りたい点です。京都でも住宅に使われる地震対策は主に3種類があります。1つめの耐震構造は金物や構造用合板を用いて、柱や壁を強くしていくものです。これによって地震の揺れによる倒壊確率を下げることができます。2つめの免震構造は建築物と地面のあいだに積層ゴムを入れるものです。これにより地面からの揺れを、積層ゴムで軽減させることができます。3つめの制振構造はダンパーを建物の中の壁や柱に取り付けるものです。ダンパーが地震のエネルギーを吸収することによって、建物への損傷をおさえます。京都でもこれらの方法は各注文住宅会社が取り入れています。選ぶ時は豊富な実験データーや施工実績があるところがよいでしょう。